美しい肌に欠かせない条件は、ハリと弾力、そして潤いです。

 

シワやたるみが無く、ハリや弾力がある美しい肌の場合、肌内部(真皮)の働きがよく、コラーゲンやエラスチンが十分に生み出されている状態と言えます。

 

そして肌の表面にある角質層に、十分な水分が蓄えられている状態です。

 

肌のハリや弾力、潤いを保つためのスキンケアとは?!

 

 

マッサージでむくみを解消!

フェイスラインや頬がたるんでくるのは、肌のハリや弾力が低下して、重力で垂れ下がってきてしまうためと言えます。

 

そんな肌の重みになってしまう、むくみを改善するには、血行やリンパの流れを良くするマッサージがお勧めです。

 

マッサージクリームをたっぷり使用して、肌に負担をかけずに効果的なマッサージをすることが出来ます。

 

間違っても肌をゴシゴシ擦ったり、強く引っ張ったり、肌トラブルの原因になるような事は止めましょう。

 

 

紫外線対策と保湿ケアはセットで!

紫外線は(UV-A)は、真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

紫外線防止剤の入った化粧品や日焼け止めなどで念入りな紫外線対策、そして、乾燥対策もセットで考えて行くようにしましょう。

 

乾燥も肌のハリや弾力の低下に大きく影響してきてしまいます。

 

クレンジングや洗顔で肌を清潔にした後の保湿ケアも欠かせません。

 

それと共に、真皮内の機能を高めて肌のハリや弾力を保つ美容成分が入ったクリームを使うのもおすすめです。

 

 

目元にハリをもたせる!

顔の中でも、上まぶたや目の下、目尻などの目元はハリが失われやすく、たるみが目立ちやすい部位と言えます。

 

目の周りは顔の中でも皮膚が特に薄く、乾燥しやすくてしかも紫外線の影響も受けやすい、しかも人の体の中で一番目立つ場所なので、出来る限りのケアが必要になってきます。

 

更に目元の皮膚は、まばたきなどで酷使されていますので余計ダメージにさらされやすくなっています。

 

 

目元にハリを与える美容成分

目元にハリを与える美容成分にはこのようなものがあります。

 

◆ナイアシン
水溶性ビタミンの1つで、抗酸化作用があります。ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、肌の弱い人にオススメです。

 

◆ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収されやすい形に変えたもの。ビタミンCには、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

◆抗酸化成分
アスタキサンチン、コエンザイムQ10、カテキン、リコピン、レスベラトロール、油溶性甘草エキス、オウゴンエキスなどにも、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

◆レチノール
ビタミンAの一種。線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす作用があります。

 

 

参考:
BEAUTY DICTIONARY 医師が教える正しいスキンケア大全 [ スキンケア大学 ]