お肌とホルモンバランスの関係はとても密接です。

 

ストレスや疲労など、ちょっとしたダメージで乱れてしまう事もあるデリケートな女性のホルモンバランスを、なるべく自力で自然に整えていく方法をお伝えします。

 

まず自分のホルモンバランスの状態を知るには、基礎体温です。

 

基礎体温を計測してご自分のコンディションとリズムをチェックすることが大切です。

 

毎朝起床時に、基礎体温専用の婦人用体温計で基礎体温を計測する事が、一日の始まりにしましょう。

 

その際、気になったことなどもメモしておくと後で役に立つ事があるのでお勧めです。(おりもの、性行為、経血量、不正出血など)

 

だいたい、3ヶ月位続けているとご自分の傾向がわかるようになると思います。

 

基礎体温は、高温期と低温期の二相に分かれていて、その差が0.3度以上であれば排卵があり、ホルモンバランスが整っている状態と言うことが分かります。

 

しかし、ホルモンバランスが崩れている時はこの『二相』が乱れ、高温期と低温期のバランスが崩れています。

 

 

正常にするポイント

基礎体温を計測してみて、ホルモンバランスが乱れていると感じた場合、まずはこんな方法で正しい状態に戻すよう実践してみましょう。

 

 

心身を休める

まずは何より体と心を休ませる事です。過労やストレスとホルモンバランスの乱れはとても密接な関係にあります。
ぬるめのお湯に半身浴でゆっくり浸かる、アロマなどで心を落ち着かせてリラックスする、マッサージやストレッチ、ウォーキングなど簡単な運動をするなど、ご自分がしっかりと心身ともにゆっくりリラックス出来る方法でしっかりと休息を取りましょう。

 

 

早寝を心がける

成長ホルモンをはじめ、多くのホルモンは睡眠中に作られます。ホルモンバランスを整えるのに睡眠は大切です。整うと感じるまでは普段より少し多めの睡眠時間を確保するようにしましょう。
また、セロトニンを増やして自律神経を正常化するため、早寝早起きを意識付ける事も大切です。

 

 

大豆を中心としたバランス良い食事

女性ホルモンと同様の働きをしてホルモンバランスを整えてくれるのが大豆イソフラボン。大豆イソフラボンを豊富に含む大豆、豆腐、納豆、豆乳など、大豆製品を積極的に摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

ダイエットはひとまず中止

ダイエットは多かれ少なかれ体に負担をかけます。ホルモンバランスの乱れを感じたらダイエットはひとまず中止します。最優先は規則正しい生活です。

 

 

 

参考:
BEAUTY DICTIONARY 医師が教える正しいスキンケア大全 [ スキンケア大学 ]